Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
バレエ教室「エトワール」10周年に感動
0
    去る1月11日、お知り合いのバレエ教室「エトワール」の10周年パーティーが、リッツカールトンホテルで開催されました。
    17歳の可愛い少女が今、10年の月日を経て、大きな頼もしいリーダーに育った足跡をお披露目するかのような素敵なパーティでした。
    ・ユイ先生でなかったら、ここまでバレエを続ける事ができませんでした
    ・ユイ先生に出会えて、バレエの素晴らしさを知りました
    ・ユイ先生が、バレエを通して、世界に翔ばたくことを教えてくださいました…」
    10周年と一口に言いますが、3歳の子が13歳、5歳の子が15歳、10歳の子は20歳になっているのですから、これは凄いことです!
    その歴史がビデオとともに流されましたが、本当に感動しました。教室を開いたばかりの唯先生はまだ17歳だったとか。しかしその少女の横顔には、すでに「覚悟」が…。そして現在、27歳になった先生の横顔には、リーダーとして、何とも表現できないほどの「気迫」が漂っていました。
    しかも、このパーティーの3日前に唯先生は女児を出産していたのです! その日の朝に生まれていなかったら、このパーティーには参加できなかったという、夢のような出席でした。
    純子さん(お母様)も本当に素敵な方で、まだ17歳のプリマドンナだった娘に「バレエ教室をオープンしたい」と懇願された時に一言、
    「ドンとやりなさい、好きなようにやりなさい。私がフォローするから」
    と言われたそうです。そのようなお二人のコメントに、私はお化粧が流れ落ちるくらい号泣!
    母が大きなチャレンジをしようとする娘に送る最高のコメントでした。また多くの親が子供の夢、希望に対して物心ともにこのように受け止めてあげられるだろうかと、本当に感動致しました。
    この母親の気持ちを受け止め、
    「私が母にフォローされたように、今生まれてきたこの子に、私が母にしてもらった同じことをして、恩返しをしたいと思います」
    と応える唯先生からのお礼の言葉の素敵なこと。親子3代の絆の深さを感じました。このようなつながり、伝承が人生の宝物とも感じました。
    私達外食産業に携わる者もまた心新たに、学ばせて頂きたい……。そう思った、バレエ教室「エトワール」の素晴らしいお祝い会でのひと時でした。



    先日、
    若手バレエダンサーの登竜門として知られる、スイスの「ローザンヌ国際バレエコンクール」で2月1日、日本の男子高校生が優勝し、ほかに日本人2人も入賞した。
    優勝したのは、長野県の高校2年生・二山治雄さん(17)で、日本人の優勝は、菅井円加さん以来2年ぶり、日本人男性としては、1989年に金賞を受賞した熊川哲也さん(41)以来の快挙。
    この記事を見て、私はこの池田のエトワールからもそのうちきっと世界に通じる人たちが数多く出てくると確信致しております。エトワールバレエスクールにエールを送りたい今日でもあります。



    こんなに美しいバレリーナだった唯先生
    17歳で指導する人に!ここから17歳の少女が
    たくさんの子供たちを育てていくのです


    上記の少女がこの10周年の今に!ここに集まっていない人や
    外国で活躍する生徒を数えるとどれだけのバレリーナが
    このエトワールから巣立ったのでしょう!
    さて、私はどこにいるでしょうか…?(笑)


    メッセージのつまった額をお礼の言葉と共に生徒から
    受け取られる唯先生!
    3日前に出産された方とは…とても思えないお元気さです


    生徒のお母様方も美しく装ってパーティにご参加!!
    女性向きのメニューがおいしくて楽しいひとときでした
    posted by: shobentango | - | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://yoshiko.shobentango.com/trackback/1005350
    トラックバック