Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
産業技術研究所 関西センター一般公開
0
     8月3日、年に一度開催される池田・産業技術総合研究所関西センターの一般公開に参加してきました。今年のテーマは「きて!!未来の技術がいっぱい」。科学教室や工作教室、展示ブースや市民講座など盛りだくさんで、毎年ながら子どもからお年寄りまでじゅうぶん楽しめる内容でした。
    産業技術総合研究所関西センター(略称「産総研」)は私が子どもの頃から、この工業試験所を「ガラス工場」と呼び親しんできました。1992年、スペースシャトル、エンデバーで宇宙を飛行した宇宙飛行士の毛利衛さんが宇宙で研究・使用したガラスも産総研が作られたそうです。ということも聞いています。世界に通じる科学がここから多く発信されているということです。
    そんな産総研とわが正弁丹吾とのお付き合いは、何十年もの時を経て長く長く続いています。宴会やお弁当、ケータリングサービスなど、所内でなにかイベントがあり、食事が必要な際にも本当によくお声をかけて頂いている、大のお得意様なのです。
    私は昭和45年、23歳でお店をオープンしましたが、和風ファミレスような「なんでもありのメニューの豊富な店」は当時ほとんど無く、「たんご」がその走りのようなものでした。お酒の肴から鍋から甘党までなんでも揃うということで、向こうの席では刺身で一杯飲んでいる人がいて、違う席ではぜんざいに舌鼓を打つ……という、「どんな食べ物の好みの人も大丈夫」というスタイルの店でした。産総研の方も現在60歳で定年になるような年齢の方がまだ新入社員だった頃からよく通っていただいたものです。みなさまにとっては「わが青春の味」なのかも!? 今も産総研で中核をなしている方々が現役でおられます。昔の通り「よっちゃん、よっちゃん」と呼んで下さって嬉しい限りです。
    そんな産総研の一般公開ですから、「行かないわけには!」と毎年通っているのですが、その年ごとに様々な工夫があり、本当に楽しいのです。うちわには先生たちの顔が書いてあって、その先生と会うとスタンプがもらえる「スタンプラリー」が! これは子どもたちも「〇〇を探せ!」の絵本の感覚でワクワク半日を楽しんでいるようです。
    私は講座にも参加しましたが、爛泪奪―先生″こと牧原先生の「無重力を体感しよう」など、子どもを集めてのお話の分かりやすさはもう圧巻! 科学を身近に感じさせ、ユーモアを交えた内容は、子どもたちがキラキラ目を輝かせて、前のめりで聞くほどでした。物理や科学に弱い私も思わず興味を持ってしまうほど。まさに「市民に近い科学の場所」であるのだなあと今年も感動ひとしきりでした。
    そしてもう一つ、今回の見学で私がとても興味深かったのが、2002年に「世界一の癒し効果」としてギネスブックに認定されたというアザラシロボット「パロ」。声をかけると、あざらしのような「キュウウウ!」というカワイイ鳴き声で答えてくれる、とても愛らしいロボットです。実際、介護老人保健施設の実証実験では、心理的効果(うつの改善、元気付ける、動機付けるなど)、生理的効果(尿検査によりストレスの低減を確認)、社会的効果(高齢者同士や介護者との会話の増加)があることが確認されているということで、私もその時が来たら「パロ」を手に入れよう……と心に決めております(笑)。


    現所長の小林様とマッキー先生の教室前にて。
    優しくお人柄の良さは長いお付き合いの中で
    いつも感じます
    また、来年楽しみに!!


    いつもテンポの良さで子供たちの笑いが絶えない。
    マッキー先生の講座!無重力って本当に面白い!
    これが無重力とボールをポイッ!!
    無重力ですって!笑


    我正弁丹吾グループのお局の恭子さん
    彼女も勤続40年になります。
    頓珍館にご来店の先生方も多く、どの先生とも…
    私より顔見知りな程です
    数年前から彼女も一緒に楽しんでいます


    この子が「パロ」!
    声かけに対して「キュウウウ!」と
    何度も何度も答えてくれます
    くわえているおしゃぶりはバッテリーとか!
    よくできています!
    いつか私の横で友人になってくれるかも!笑
    posted by: shobentango | - | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://yoshiko.shobentango.com/trackback/1005344
    トラックバック